外食が多ければグルメ本を売り出すなんて事もできます

エアコンで冷え切った会社内でじっとしている様な人とは違って、営業をしている人というのは大変だなぁと思う。特に夏と冬、とりわけ夏の暑さというのは堪えるはずだ。まぁ今の自動車はエアコンが効いているから、それを利用できる場合に限っては良いのだが、ずっと歩きまわってばかりという事になると色々な意味でキツイはずだ。

さて、そんな人達の唯一の楽しみが食事ではないだろうか。主に昼食を食べているはずだが、場合によっては夕食も外食で済ませるなんて事があるかもしれない。そこで、という程でもないのだけれどサラリーマンの副業としてグルメ本を出版するというのはどうかと思っている。

いきなり本を出すとなるとハードルが高いはずだ。なので、最初はブログに書き留めるというのが良いだろう。こちら側から出版社に声をかけるよりも、相手側からの連絡を待っていた方が良いだろう。自分からお願いしに行くという場合だが、どうしても上下関係の下側にいなくてはいけなくなる。自分の方が上になる必要など無いが、最低でも対等の立場で本を作りたいと思うのなら、自分からは積極的なアクションをすべきではない。本を出そうなどとはこれっぽちも考えていませんよという素振りでやっている位で丁度良いのである。

サラリーマンの副業で本を出せる訳が無いと思っている人がいるようだが、その様な事はない。出版関係者は既に知っている事だが、本の原価というのは極めて安いのである。タダではないにしろ、おそらく皆さんが想像しているよりは遥かに安く済むのである。売れそうもない本が書店にズラリと並べられているのは、この様な理由が存在しているからだ。だから、あなたが本を書いて売るという可能性は普通にある。

単なるお食事も極めればサラリーマンの副業として成立するのである。購入してくれそうなファンを獲得するためにもブログは定期的に更新するようにしよう。たまにだと注目度も低くなってしまうはずだ。

SNSでもご購読できます。